有酸素運動で自律神経を整えよう|たまプラーザ整体かんだや

有酸素運動で自律神経を整えよう|たまプラーザ整体かんだや

たまプラーザの整体かんだや、院長の神田昌紀です。

~自律神経の乱れによる様々な症状でお悩みの方へ~

このブログを読まれているあなたは症状改善に向けて一生懸命に情報を集めているかと思います。

そして不安な気持ちを抱いておられる方も多くいらっしゃるかと思います。

そんなあなたの力になれれば・・・

と思い私が今までの経験で感じたこと、10,000件以上の施術の中で感じたことや学んだことをお伝えしております。

私は症状改善のために知識をつけることはとても大切だと感じております。

それは私も実際に自律神経症状で悩んだ経験者だから・・

どうか読み飛ばさずにお読みいただけますと嬉しく思います。

➤院長プロフィール



この記事を読まれているあなたは「自律神経の乱れを改善したい!」
と感じているはずですよね。

改善の方法を調べていると様々な方法がでてきます。

・食べ物
・飲み物
・ツボ
・サプリ
・運動
・ストレッチ・・・・

このように色々な方法がある中でも今回は私が実践しているおススメ運動法の紹介です。
「有酸素運動(ランニング)」についてお伝えしていきます。

ここでは・・・
・ランニングが体に与える影響
・取り組み方

についてのお話です。

①走ることで脳を活性化
②有酸素運動をすることで脳に与える影響
③おすすめのランニング方法

woman jogging near wire fence

①走ることで脳を活性化

突然ですがあなたには運動習慣はありますか?

実はある調査で「年収と運動習慣に関係があるのか?」を調べたところ驚きの結果が現れました。

年収が多い人ほど運動習慣のある人が多いということです。

特に有酸素運動を習慣化することで脳が活性化した結果ではないのでは?

と考えられています。

脳の機能でもランニングやウォーキングなどの有酸素運動を行うことで様々な実験結果がでています。


それは記憶力や集中力。

そして思考力

または計画性、発想力

多くの方には心の病気と認識されているうつ状態からの改善。 


運動によって上記の変化があることが知られています。

では有酸素運動のなにが良いのかお話をしていきましょう。

brown brain



②有酸素運動をすることで脳に与える影響

有酸素運動をすることで一番大きなメリットは体にたくさんの酸素を取り入れられることです。 

脳はたくさんの酸素があることで機能します。

大人の場合は全身の酸素消費量約20%が脳で消費されます。 

そして子供の場合は約50%とも言われています。

それだけ脳には酸素が大切だと言うことですね。 

そしてその大切な酸素でみたされることで脳細胞は増えてくれます。

脳細胞が増えれば脳の活性化にもつながります。

私たちの筋力は10代後半~20代前半がピークと言われています。

しかし脳は年齢を重ねても脳細胞を増やすことができ活性化させることができるのです! 

例えば脳が活性化したアメリカの事例があります。

これは小中学生を対象にした調査だそうです。

体力調査の成績が良い子供は学業成績も優秀な傾向にあるという調査結果がでました。

つまり運動が習慣化している人ほど脳細胞が活性化しているということですね 。


逆に酸素が十分に行きわたらなければ弊害がでてくる可能性も考えられます。

例えば先ほど子供の脳の酸素消費量は全身の酸素消費量の約50%だとお伝えしました。

もしも何かしらの影響で十分な酸素が子供の脳に届かなければ私は弊害が出てきてしまうと感じています。
「記憶力」「感情」「性格」「思考力」
さらに自律神経をつかさどる脳幹。

ここが酸欠状態になれば体の機能そのものの障害がでてくるのでは・・・ と私は考えています。

脳の模型。脳内が赤くなり熱を持っているイメージの画像



近年は禁煙ブーム、分煙化が進む世の中です。

そのため喫煙をする方自体も減っては来ている様ですね。

タバコを吸わない人にとっては過ごしやすいですよね。

さらには脳にも過ごしやすい環境になりつつあります。 

ここで1つ喫煙する方にお伝えしたいことがあります。

特に子供のいる場所での喫煙は子供にとってはとても怖い環境になるのです。 
これが車内などの密閉空間であればさらに脳に届く酸素量は少なくなる。

すると成長を妨げてしまう可能性もありますよね。 

小さな子供は生活環境を選べません。

このことだけは頭の片隅にとどめておいていただけると嬉しく思います。

cigarette stick on ashtray


③おすすめのランニング方法

私のおすすめのランニング方法を紹介します。 

それは30分ランニングです。

走る速さは人それぞれ違いますよね。

私の感覚では息が少し上がる程度での30分ランニングです。 

具体的には60%~80%の強度を推奨している専門家もいます。

今はスマートウォッチなどで脈拍や走った距離なども分かるそうですね。 

しかし私は体の感覚を感じ取り自分が走り終わった後に「気持ちいいな!」と感じられる強度で走ることが大切だと考えています。 

体の感覚を思い切り使い神経を活性化!
有酸素運動をすることで脳も活性化!
健康な体作りにチャレンジしましょうね! 


なぜ身体の感覚が大事なのか・・・と言うお話はこちらからどうぞ!

「五感を使い自律神経を活性化させよう!」

woman spreading her arms

あなたの生活習慣は大丈夫⁈
➤「やる気がでない!」それはスマホうつかも!?

➤眠れない!それは自律神経の乱れから⁉

頑張りすぎなあなたはコチラ↓

▶頑張りすぎてしんどい・・自律神経整体で体を整えよう!

忙しくてランニングができないあなたはコチラ↓

▶【超簡単】自律神経を鍛える!運動でカラダを整えよう

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA