体がむずむずして眠れない!|たまプラーザの自律神経整体かんだや

体がむずむずして眠れない!|たまプラーザの自律神経整体かんだや

たまプラーザの整体かんだや、院長の神田昌紀です。

~自律神経の乱れによる様々な症状でお悩みの方へ~

このブログを読まれているあなたは症状改善に向けて一生懸命に情報を集めているかと思います。

そして不安な気持ちを抱いておられる方も多くいらっしゃるかと思います。

そんなあなたの力になれれば・・・

と思い私が今までの経験で感じたこと、10年以上の臨床経験、10,000件以上の施術の中で感じたことや学んだことをお伝えしております。

私は症状改善のために知識をつけることはとても大切だと感じております。

それは私も実際に自律神経症状で悩んだ経験者だから・・

どうか読み飛ばさずにお読みいただけますと嬉しく思います。

➤院長プロフィール


・体のむずむずを感じている
・長い時間座っていられない
・とにかく落ち着かない
・手だけまたは足だけにむずむずを感じる
・集中できない!

ある日むずむずの症状を感じるようになり上記のようにお困りではありませんか?

「たまプラーザの整体かんだや」にはあなたと同じように悩まれている方がいらっしゃいます。

そこでこの記事では私が整体を通じてむずむずについて感じたことや考えているをお伝えしていきます。

お身体改善に役立てていただければうれしく思います。

目次
1,自律神経整体でみる「むずむず」は血流改善がポイント
2,血管をコントロールする自律神経
3,自律神経の活性化で血液の流れを最適な状態に
4,自律神経を活性化させるキーワードは昔の生活スタイル

※まずは「自律神経ってなに?」と感じている人はこちらをどうぞ!

自律神経専門整体とは | かんだや (kandaya1.com)

1,自律神経整体でみる「むずむず」は血流改善がポイント

私がむずむずでお困りの方々をみてきた経験上、
整体で改善を目指すのであれば「血液の流れ」がとても大切なポイントになると感じています。

多くのひとは次のように感じているでしょう


・じっとしていられない
・とりあえず動かしたくなる

つまり筋肉を動かすことで血液の流れが促されるのですね。

すると落ち着いてきて最初よりはむずむず度合いが低くなると私は考えています。

しかし仕事中や会議中に「もう我慢の限界!」となり、ずっと体を動かしているワケにも行きませんよね。

そこで重要になるのが自律神経。

自律神経の働きにより血管のコントロールが行われるのです。

2,血管をコントロールする自律神経

血液の循環改善には自律神経の働きが欠かせません。

そのため血液循環を改善して「むずむず」を感じにくくさせる。
そしてストレスなく日常生活を送れるようにしたいですよね。

しかしここで大きな問題となるものがあります。

それは「自律神経の乱れ」です。

自律神経の乱れ=血流コントロールの乱れ となることがあります。

つまり「むずむず」も感じさせてしまう原因となる可能性が出てくるのです!

人間の全身血管の絵

ここで少し血管のお話です。
血管は全身のいたるところにありますよね。

長さにすると約10万キロなのです。
知っていましたか?
それはなんと地球2周半!
とても長いですよね。

なが〜い血管があなたの筋肉の中にあります。
そのため筋肉がギュッと固くなると血管もギュッと収縮します。

これが長時間続くとどうなるでしょうか?

答えは「血行不良」が起こります。

正座で長時間すわるのも血行不良につながります。

ほとんどの人は立ちあがろうとすると足がしびれてしまった経験ありますよね。

このように血流低下の状態からいっきに血液が流れることで足のしびれ(感覚の変化)を感じます。

また次のようなけいけんありませんか?
・寒いところから温かいところへ入る
・久しぶりに運動をする
・お風呂に入る

このような場合に体がなんだか「かゆく感じる」こと。

これは「血液の流れが変化」したことで「体の感覚にも変化」が起きているということですよね。

このような血流、血管のコントロールは自律神経の役割です。

ここで自律神経について簡単に説明していきましょう。

まず自律神経を大きく分けると2つ。

・交感神経

・副交感神経

さらに血管の働きをみていくと・・・

・交感神経→血管の収縮→血液を速く遠くへ送ろうとする

・副交感神経→血管の弛緩→血液の流れがゆっくり。留めようとする

この2つの神経が常に働いてくれることで私たちは元気に生活できています。

しかし「交感神経」ばかりが働いているパターンでは

血液が常に早く遠くへ移動しようとします。

そのため温かい血液がその場でとどまることができなくなってしまうのですね。

つまり「冷え」として現れることもあるでしょう。

逆に「副交感神経」ばかり働いているパターン

先ほどと働きも逆になります。

そのため血液を速く遠くへ流せません。

こうなると体に力を入れようとしても十分な血液中の酸素が筋肉に行き届かなくなってしまいます。

これが足で起これば足元に力も入りませんよね。

そのため自律神経の働きに大切なことは2つ

・バランス
・活性化

以上のようなことから整体の視点から「むずむず」改善を目指すためには

・血液の流れ
・血流コントロールを行う自律神経(のバランス、活性化)

がポイントとなるのですね。

3,自律神経の活性化で血液の流れを最適な状態に

先ほどのお話の最後に「自律神経の活性化が大切」とお伝えしました。

ここでは自律神経を活性化させるための方法をお伝えします。

自律神経の活性化ってなに?

まずはじめに自律神経の活性化についてのお話です。


・活性化ってなに?どういうこと?
・活性化してないとどうなるの?

こんな疑問をお持ちのひともいるでしょう。

《自律神経が活性化していない状態とは・・・》

カンタンにお伝えすると「自律神経がじゅうぶん働いていない状態のこと」です。

例えばあなたの自律神経の働きが最高で「10」だとします。

しかし、いまの状態は「5」しか働かない。


これでは自律神経が最大限働けていない状態になります。

これではいくら自律神経(交感神経と副交感神経)の
「バランス」がよくてもお身体の不調へとつながることがあるのですね。

ここでのお話ですと自律神経が活性化していないと「血流、血管のコントロール」に問題がでてくるでしょう。

つまり自律神経が活性化していないことで「むずむず」を感じさせている可能性が考えられます。

自律神経を活性化させるための方法


自律神経の活性化が必要なことはわかった!
けれど具体的にはどうしたらいいの?

これはその人ひとりひとりでアドバイスは変わります。
しかし多くの人に言えるであろうことがあります。

それは自分自身で交感神経を高めること!

私がいままでお会いしてきた「むずむず」でお困りの人。

多くの場合「運動不足」が挙げられます。

・体を動かしている方が楽
・デスクワーク中に貧乏ゆすりをしたくなる
・じっとしていられない

このようなことを「運動」として取り入れてみましょう。

走る、ジャンプする、その場で足踏み・・・
いろいろと方法はあります。

このときに息が上がるくらいの強度ですとグッと交感神経も高まります

運動することが交感神経(自律神経)の活性化へとつながるのですね。


じゃあ副交感神経の活性化はどうするの?

こんな疑問を持つひともいるでしょう。

基本的には運動後にゆっくり休めば大丈夫です。

なぜなら交感神経がグッと上がることで疲れますよね
そして通常は副交感神経もそのぶん活性化してくれます。

一日じゅう外で遊んでいたり、早朝から動きっぱなしでいると自然と疲れるものです。
これと一緒と考えてよいでしょう。

体を動かすことで活性化をしましょうね。

4,自律神経を活性化させるキーワードは昔の生活スタイル

ここまで整体の視点から「むずむず」改善のための考え方や対処法をお伝えしてきました。
いろいろとお話をしましたが自律神経には昔のような生活スタイルが必要だと私は考えています。

いまではほとんどの仕事でパソコンが必要です。
パソコン仕事となると働いてくれるのは頭と指先。

しかし私たちのご先祖様はどのように暮らしていたか?

それは食料を自分たちでとるために体をうごかして働きます。
昼間は狩りや魚釣りにでかけます。
そして日が落ちるとともに寝付きます。

しかしいまでは夜中遅くまでの仕事。
動かなくてもスマホのボタンをポチっと押すだけの買い物。

薪を使わずに火をつかいます。
井戸に水をくみに行かなくても蛇口をひねれば大丈夫。

少しずつ体を動かさなくても済んでしまう生活に変化してきました。

このような小さな生活の変化が小さな自律神経の乱れとして現れているように感じます。

パソコンを見ながらスマホを持っている人の写真

実際にコロナウイルスの影響によりテレワークが増えました。

その後、「自律神経が気になる!」「これって自律神経の乱れかも・・」と不安を感じられている方が増えているように感じます。

つまり動かなくなってから体調不良を感じているひとが増えているということですよね。

あなたの生活習慣はいかがでしょうか?

「最近動いてないな~」と感じている人は注意しましょうね。

睡眠に問題を感じている方はコチラの記事もオススメ↓

忙しくても大丈夫!たった1分⁈「副交感神経を寝る前に高める方法」

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA