たまプラーザの自律神経整体かんだや|マインドフルネス知っていますか?

たまプラーザの自律神経整体かんだや|マインドフルネス知っていますか?

こんにちは。
たまプラーザの自律神経専門整体かんだやです。

今回はマインドフルネスについてお話をしていきます。

あなたは「マインドフルネス」という言葉を聞いたことはありますか?

実はマインドフルネスは世界の企業、日本の企業でも研修や社内のヘルスケアの取り組みとして取り入れているところが増えてきているそうです。

①マインドフルネスとは
②頭の中が忙しい人におススメ!
③体の感覚使っていますか?
④実際に今の状態に意識を向けてみよう!

①マインドフルネスとは

マインドフルネスとは簡単に説明すると「今・ここ」の状態に集中するという事です。

今現在あなたのカラダで起きていることに注意を向けます。

例えば

呼吸の状態。
体の温度や感覚。
体の重さや軽さなど

今の状態に意識を向ける方法は感じ方はいろいろあります。

こうすることで「疲れの軽減や集中力のアップなどを実感されている方々がいる」ということで様々な場所で取り入れられています。

②頭の中が忙しい人におススメ!

マインドフルネスは頭の中が忙しい人におススメです。

どういうことかというと・・・

あなたは次の項目に当てはまりませんか?

・1日中24時間頭を働かせている

・ゆっくりしたくてもついつい考え事をしてしまう

・いつも先(未来)のことばかり考えて不安になる

・頭を休めたくても休める方法が分からない

以上のような人には特に実践していただきたいものです。

マインドフルネスは「今・ここ」の状態に意識を向けます。

そのため「頭を働かせる」というよりも

「体の感覚」が重要になるのです。

体の感覚を感じるためには頭で考える必要はありません。

そのためマインドフルネスができるようになると

強制的に頭を働かせないようにすることもできるでしょう。

③体の感覚使っていますか?

体の感覚はマインドフルネスをするにあたって大切だと私は感じます。

仕事で忙しい人は毎日、頭がフル回転です。

頭を休ませる暇もなければ、休ませる方法も分からずに

考えることが当たり前になります。

このような生活を送り続けると体へ意識が行きにくくなることがあります。

体の感覚を感じるためには体を使わなくてはなりません。

しかし体の感覚を感じることをしなければ神経も使われなくなります。

その結果、感覚の鈍麻や感覚を感じられなくなる場合があります。

私の経験では整体施術で強い刺激を入れても痛みの感覚が鈍くなっている方がまれにいらっしゃいます。

そのような方は自分自身が分からないうちに体の状態が悪いほうへ変化していることがほとんどです。

しかし意識を向けることで感覚は改善します。

このように体の感覚という面から見てもマインドフルネスは辛さの改善のための対策になると感じます。

④実際に今の状態に意識を向けてみよう!

では実際にいまの状態に意識を向けてみましょう!

【1】まず始める前に準備です

椅子に座った状態でも寝た状態でも構いません。

あなたがリラックスできる体勢から始めます。

【2】呼吸に意識を向けます

空気を吸って鼻や口から空気が入っていく感覚を感じます。

そして喉や気管支を通り肺の中に入っていきます。

このような感覚を感じます。

次に空気が自分の体の中から出ていく感覚を感じます。

肺から気管支や喉を通ります。

そして鼻や口から体の外に空気が出ていく感覚を感じましょう。

【3】この一連の流れで途中、考え事や頭の中に他のことが浮かんでもかまいません。

しかしもし何度も頭に浮かぶようであればもう一度、呼吸の感覚に意識を向けてただただ呼吸の感覚を感じましょう。

さてあなたはできたでしょうか?

これはほんの一部です。

このように現在の状態に意識を向けることがカラダ改善へとつながることもあります。

途中でふっと考え事が頭に浮かぶことがるでしょう。

しかし何度も何度もチャレンジすることが大切です。

ちょっとしたときにできるのでお勧めですよ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA