たまプラーザ整体|昼寝で集中力アップ!?

たまプラーザ整体|昼寝で集中力アップ!?

こんにちは。
たまプラーザ整体かんだやです。

あなたはお昼寝していますか?

今回は昼寝と集中力についてのお話です。

あなたは「昼寝のメリット」を知っていますか?

私が雑誌を読んでいると次のような記事が紹介されていました。

➤NASAは26分の仮眠で仕事効率が34%、注意力が54%向上したと報告されています。
参考文献:週刊東洋経済

つまり約20分~30分のお昼寝をすることで効果が得られるのです!

私は自律神経の面でみてみると
高い集中力で仕事に取り組むには
自律神経の波が大切だと感じています。

1日の自律神経のリズムを見ていくと次のような図になります。

しかしもう少し詳しく見ていくとこのようになります。

なんとなくイメージはつきますか?

交感神経が優位になりやすい日中の時間帯。

この時間帯は全く副交感神経が働いていないわけではありません。

例えば・・

最初に出てきた「お昼寝」をすることで日中の時間帯に副交感神経を高めることが出来ますよね。
また「深呼吸」でも副交感神経系を優位にすることもできますね。

このように交感神経が優位になる日中の時間帯でも
副交感神経を働かせて自律神経の波を作ることが大切だと私は感じます。

この波があるおかげで集中力を一度リセットできると感じます。

実際に私も

・昼寝をして仕事
・昼寝をしないで仕事
・たくさん昼寝をする

以上の3パターンを試したことがあります。

まず「たくさん昼寝をする」

これは体がだるくなってしまいます。
その後も集中力は高まる感じはせず、
逆に集中力が低下したような感覚でした。

次に「昼寝をして仕事」

先ほどのNASAのお話でも出てきたように約20分前後の昼寝をしてみました。
すると頭はスッキリした感覚で仕事にも取組みやすい感覚です。

そして最後に「昼寝をしないで仕事」

昼寝をしなくても仕事に取り組むことはできます。
しかし「昼寝をした場合」と比べるとやはり頭や体のスッキリ感は違います。

結果的には私は「昼寝をして仕事」が一番効率よく取り組めるように感じました。

昼寝の時間を作ることにより目を休ませることにもつながります。
デスクワークでパソコンが手放せない仕事の人は
目からの刺激で脳が興奮しやすい状態になりがちです。

そのため交感神経も過剰に働きやすくなります。

またお昼寝のメリットは他にも分かっているようです。

➤「30分未満の昼寝をする人は、昼寝をしない人に比べて認知症発生率が約7分の1というデータがある。一方で1時間以上だと発症率は2倍も高かった。」

以上のようなことが分かっています。

短時間の昼寝により仕事の効率が上がり認知症発生率も下がればとても大きなメリットですよね。

また私は自律神経の波が大切とお伝えしました。

集中力の目安は15分・45分・90分と言われています。

この合間に休憩や一息ついてみることがおススメです。

一度体を動かしたり伸びをしてリセット。

こうすることで自律神経の波が作れます。

また一度目を閉じてみるのも良いでしょう。

私たちの情報源のほとんどが目から入る情報(視覚情報)です。

そのため目を閉じたまま深呼吸をすることでスッと体の力も抜けやすくなり再び集中しやすい状態作りもできるでしょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA