たまプラーザ整体|冷えと体の力み

こんにちは。
たまプラーザ整体かんだやです。

今回は冷えと力みについてのお話です。

冷えに関係するのが体温。
そして体温に関わるのは血液の流れです。

私たちのカラダは無意識のうちに自律神経が血管のコントロールをすることで体温の調節をしてくれます。

しかし常に「力み」「過剰に体の緊張」があることにより血液の流れに問題が出てくることがあります。

「力み」や「過剰な体の緊張」は交感神経の働きでしたよね。

この時の血管の状態としては「収縮」が起こります。

そのためホースをギュッと握った状態が血管で起きている様なイメージです。

このように血管が収縮すると血液の流れが速くなります。

そして血液がどんどん流れるのでその場に血液を留めておくことが出来ません。

結果的に冷えを感じやすくなる要因となることがあります。

私が今まで施術をしてきた経験上、

自律神経の乱れでお困りの方の多くが

「脱力できない」または「力が抜けている感覚が分からない」という状態です。

交感神経が働くほど血管は収縮して冷えを感じやすくなります。

改善のための対策として「体の力を抜く」ことはとても大切なポイントになりますよ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA