たまプラーザ整体|メンタル対策と運動習慣

たまプラーザ整体|メンタル対策と運動習慣

こんにちは。
たまプラーザ整体かんだやです。

今回はメンタルと運動についてのお話です。

メンタルの不調、やる気が起きない、気力が湧かない、いつもダルイ・・・

このような不調は運動習慣と関りがあります。

中には全く動けない人。

家から出ることのできない状態の方もいるかと思います。

ある程度、動ける場合は運動習慣が改善のポイントになります。

運動や気分、運動や記憶、運動と脳などの状態、変化についての研究は書籍で紹介されています。

その中でも運動はメンタルにも影響を与えることが分かっています。

参考ページ➤日本運動研究所 ウォーキングは気分を明るくする

でも紹介されているように「週1時間の運動がメンタルに影響を与える」

ことが分かっています。

ウォーキングの軽い運動でメンタル悪化を12%抑制できるのです。

「よく運動は体に良い」

「健康のためには運動」

などと言われていました。

しかし体だけではなく心にも影響があるのですね。

運動して体を動かすことで普段では動かさない筋肉が働きます。

逆に動かさなければ体は固く緊張してしまいますよね。

このように体を動かさないでいると構造的な問題(ゆがみ)なども現れてきます。

こうして肩がだるい、体が重い・・・

そして体調が優れない・・・

こんな時は気分にも悪影響がありますよね。

何かしたいことがあったとしても

「動く気分になれない」

「寝ていたい」

「やる気が起きない」

そしていつの間にか休日が一日終わる。

あなたはこんな経験ありませんか?

運動することでストレスに対応しやすい体になる!?

運動習慣がつことで少しずつ出来なかったことが出来るようになりますよね。

例えば・・

・2~3キロのランニングが限界だったが10キロ走れるようになる。

・5キロのダンベルしか持てなかったが10キロのダンベルを持てるようになる

このように徐々に体は鍛えられていきます。

体が強ければストレスにも対処しやすくなります。

ストレス対処=交感神経の働きです。

そして大きなストレスに対して自律神経は交感神経を働かせることにより

「闘争・逃走」することでストレスを遠ざけようとします。

この時に「全く運動していない人」よりも「運動している人」の方が「闘争・逃走」しやすくなると思いませんか?

私は以上のようなことから体や心にも余裕が生まれてメンタルにも影響を与えるのかな・・

と感じています。

実際に私も体がスッキリしない状態、ストレス状態ではランニングをするようにしています。

するとなんだか体も心もスッキリした状態になります。

気分がスッキリしない体がスッキリしない場合はお勧めです!



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA