たまプラーザ整体|何でも話せる相手いますか?

たまプラーザ整体|何でも話せる相手いますか?

こんにちは。
たまプラーザ整体かんだやです。

あなたの周りに何でも話せる相手はいますか?

これは自律神経の乱れを改善させるための大切なポイントになります。

私は今まで自律神経の乱れでお困りのたくさんの方のお話を伺ってきました。

みなさんそれぞれ体の状態や辛さは違います。

しかしお話をきいている中である傾向がありました。

その中でも特に多かったのが

「自分の本当の気持ちを人に伝えられない」もしくは

「自分の気持ちを伝えられる相手がいない」という事です。

この2つは自律神経の乱れによる辛さ改善のためにはとても大切なポイントになります。

私たちは日常生活を送る上で必ず関わること。

それは人間関係です。

良くも悪くも人との関りがあるからこそ心理的なストレスを感じます。

ストレスの度合いは状況により違います。

例えば・・
・お隣さんと軽く挨拶を交わすことはとても小さなストレス(刺激)ですよね。

・職場で理不尽なことを言われて「イライラ!」これは大きなストレス(刺激)です。

このようにストレスは生きている上で切り離せません。

ここで質問です。

「あなたはストレスを感じた時どうしますか?」

「どのようにストレス発散しますか?」

・物にあたる
・直接ケンカする
・甘いものを食べる、とにかくご飯をドカ食いする
・運動する
・旅行に行く
・買い物に行く
・誰かに話す
・カラオケに行く・・・・

このようにたくさんのストレス発散法があります。

ここでストレス発散方法を大きく分けると2つ。

1、体を使うストレス発散方法

2、声を出すことによるストレス発散方法

以上の二つに分けることが出来ますよね。

それぞれの特徴を見ていくと・・・・

1、体を使うストレス発散方法

主に運動のことです。

ウォーキング、ランニング、筋トレ、どこかへお出かけ、モノにあたる

これらはすべて体の動きを伴うものですよね。

ストレス=「感情が湧いたとき」(イライラ、焦り、不安など)ですよね。

感情=「エネルギー」です。

長時間イライラしていると疲れますよね。

つまり

ストレス=エネルギーが湧いているという事です。

ストレス発散はこの湧いてきたエネルギーを使うことです。

そのため体を動かすことで「湧いてきたエネルギー」をたくさん消費させることがストレス発散につながります。

体を使うストレス発散は男性に多い傾向があります。

しかしここで注意してほしいのは適度を超えてしまうと体を故障させてしまいます。

リスクがあることを忘れてはいけません。

大きなストレスがかかったときはそれだけ体を動かしたくなるものですよね。

次に

2、声を出すことによるストレス発散方法

主にグチを聞いてもらう。怒鳴る。発狂する。カラオケで歌を歌う。

とにかく声を出すことで発散させます。

メリットは体を動かさなくても良いので筋トレなどのやりすぎや走りすぎによる体の故障がほぼありません!
(大声を出して声がかれてしまうようなこともありますが・・・体を動かすストレス発散方法よりもリスクは小さいですよね!)

このように二つのストレス解消法を同時に出来ると理想でしょう。

歌って踊る・・・など

ただそう上手くはいきませんよね。

さらに自律神経の乱れでお困りの多くの人は体に余裕がありません。

そのため

「1、体を使うストレス発散方法」を使うことは難しい場合がほとんどです。

すると残る選択は一つ

「2、声を出すことによるストレス発散方法」

この方法を使うことで体の負担を最小限に抑えてストレス発散しましょう。

そこで重要になるのがまず「何でも話せる相手がいること」です。

家族、友人、恋人、どんな人でも構いません。

「あなたの存在をただ受け入れてくれる」このような人はあなたの周りにいますか?

辛い時は話すことで湧き出てきたエネルギーを消費させることが出来ます。

たまにこんな人がいます

「私のグチを聞いてもらっても相手の人もいい気分じゃないと思うから・・・」

このように感じる場合もありますよね。

もちろん「話せるのか?」「話せないのか?」はあなたと相手との関係性にもよります。

そのためあなたにとって

「何でも話せる相手がいること」

「あなたの存在をただ受け入れてくれる」

以上のような存在は自律神経の乱れを改善するためにはとても重要です。

あなたにとって何でも話せる相手は誰ですか?

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA